teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


一時お休みします

 投稿者:摘み菜を伝える会事務局  投稿日:2010年 6月 8日(火)14時29分5秒
返信・引用
  当掲示板、一時お休みさせて頂きます。
摘み菜を伝える会へのお問い合わせ等は下記メールアドレスへ宜しくお願いいたします。

tsuminakama@yahoo.co.jo
 
 

Re: 以前、よーいどん見ました

 投稿者:摘み菜を伝える会  投稿日:2010年 5月 3日(月)16時08分27秒
返信・引用
  > No.10[元記事へ]

sayaさんへのお返事です。

SAYAさん
関西テレビ「よーいどん」ご覧いただき、また、「四季の摘み菜12ヵ月」もお読みくださり、ありがとうございます。

さて、ご指摘のありましたノビルとタマスダレについて

実際に、SAYAさんは、食中りをおこされたのですね。
大変でしたね。大事には至らなかったということですよね?
どういう場所で摘み、どの程度 食されて、どのような症状になられたのか、
当会宛メールで教えて頂けるとありがたいです。

摘み菜を伝える会での、タマスダレに関する扱いですが、会報(年に4回発行)や、講座ではノビルとタマスダレが間違えやすいと注意を促し、説明しています。また、出版物では、「ゆげの摘み菜」(2003年3月 弓削町:現 上島町 発刊)の、安全に摘み菜をするために―という有毒草木を提示しているページでノビルと間違えやすい植物としてタマスダレを掲載しています。

さらに、ニラやノビルと間違えやすいものとして、スイセンやヒガンバナも掲載して説明しています。ただし、ヒガンバナについては、有毒種だからといってむやみに避けるだけでなく、救荒植物として利用されてきた地域の文化や薬用など、昔から受け継がれてきた智恵も紹介しています。

関西テレビ「よーいどん」の収録の際は、ロケ地の淀川河川敷にある、間違えやすい植物としてスイセンを紹介いたしました。

お返事が遅くなりましたこと、おわび致します。

                          摘み菜を伝える会
 

以前、よーいどん見ました

 投稿者:saya  投稿日:2010年 4月17日(土)21時21分46秒
返信・引用
  食べる野草に興味があって「四季の摘み菜12ヶ月」は以前読んだことがあります。
食べる野草関連の本は何冊は読み漁ったのですが、
どの本にも毒草の項目にタマスダレは掲載されてなかったように思いました。
じつはノビルとタマスダレを間違って食べて食中りしてたので、ネットで調べてわかりました。
もしまた摘み菜の本を出版されることがあれば
毒草の項目にタマスダレのことも掲載して欲しいなと思いました。
テレビの影響で食べる野草初心者も増えているでしょうし、
ノビルは特に初心者に人気があると思うので。
 

Re: 摘み菜の企画のご相談依頼の件

 投稿者:摘み菜 平谷  投稿日:2010年 3月10日(水)15時51分9秒
返信・引用
  > No.8[元記事へ]

中山和子さんへのお返事です。

> 初めまして。丹波篠山で農業を目指している中山と申します。都会と農村の交流の一環に体験観光を取り入れたく思っていまして、ひょうごふるさと創生塾の14期生で地域での生きがいづくり活動について学んでいるところです。その実習活動に地域の方篠山のご婦人方と協働で摘み菜をとりいれた体験観光をと考えておりぜひともご相談等ご指導をいただきたくメールを送らしていただきました。ご都合の良い時をお知らせいただけばお訪ねさせていただきたく願っていますのでご連絡いただけばうれしいです。。中山の携帯は090-4033-3901です。大変に突然の依頼で申し訳ございませんが何卒よろしくお願いします。

今日は会報編集の場にわざわざ出向いていただきありがとうございました。
これから、いろんなことを一緒に楽しくしていけそうで嬉しい限りです。
これからを楽しみにしています。 平谷
 

摘み菜の企画のご相談依頼の件

 投稿者:中山和子メール  投稿日:2010年 2月22日(月)06時15分51秒
返信・引用
  初めまして。丹波篠山で農業を目指している中山と申します。都会と農村の交流の一環に体験観光を取り入れたく思っていまして、ひょうごふるさと創生塾の14期生で地域での生きがいづくり活動について学んでいるところです。その実習活動に地域の方篠山のご婦人方と協働で摘み菜をとりいれた体験観光をと考えておりぜひともご相談等ご指導をいただきたくメールを送らしていただきました。ご都合の良い時をお知らせいただけばお訪ねさせていただきたく願っていますのでご連絡いただけばうれしいです。。中山の携帯は090-4033-3901です。大変に突然の依頼で申し訳ございませんが何卒よろしくお願いします。

http://www.hnpo.comsapo.net/weblog/myblog/620

 

6,7月の活動報告

 投稿者:編集部 京谷  投稿日:2009年 7月 8日(水)13時15分23秒
返信・引用
  ホームページに掲載しています
ながらく更新が止まっておりましたが
これから、どんどん更新していきます。
 

夏号の会報印刷

 投稿者:編集部 京谷  投稿日:2009年 6月 8日(月)18時11分33秒
返信・引用
  摘み菜を伝える会会報「摘み菜」の夏号印刷・発送も無事終えることが出来、
皆様のお手元に届いたと思います。
今月からは新しい編集部員も加わり、より充実した取材が出来るものかと思っています。
楽しい話題、変わった出来事等、身近にありましたら編集部にお寄せくださいね。
 

夏号の会報印刷

 投稿者:編集部 京谷  投稿日:2009年 6月 8日(月)18時08分4秒
返信・引用
  摘み菜を伝える会会報「摘み菜」の夏号印刷・発送も無事終えることが出来、
皆様のお手元に届いたと思います。
今月からは新しい編集部員も加わり、より充実した取材が出来るものかと思っています。
楽しい話題、変わった出来事等、身近にありましたら編集部にお寄せくださいね。
 

季刊誌印刷

 投稿者:編集部 京谷  投稿日:2009年 3月 7日(土)13時23分45秒
返信・引用
  摘み菜を伝える会季刊誌“摘み菜"の印刷風景です。

印刷日の一ヶ月前に編集会議を持ち、
一ヶ月の間に原稿集め、取材とばたばたと走り回って
印刷日を迎えます。

みなさんから寄稿して頂く原稿と、編集部のみなさんとの
共同作業で“摘み菜"が出来ています。
こんな楽しい作業に興味・関心のある方、参加してみませんか?
編集部、大歓迎ですよ。
 

ザ・おおさか の取材

 投稿者:編集部 京谷  投稿日:2009年 2月23日(月)03時33分28秒
返信・引用
  2/17日、摘み菜を伝える会事務局で
コミュニティー誌「ザ・おおさか」の取材を受けました。

取材に来られたのは編集長の南野さんで
自然が大好きな方で、平谷先生、社さんと摘み菜の話題ですっごく盛り上がっていました。
どんな誌面にしていただけるのか、楽しみいっぱいです。
 

レンタル掲示板
/2